on-CO&CHI-cin 温故知新

oncochicin.exblog.jp
ブログトップ

CHIちゃんの虹色学校生活

本日、小学校の学校公開日
CHIちゃん(小4)は道徳の授業でした

教材に使われたお話は「ブラッドレーの請求書」
f0354827_19395338.jpg

「ブラッドレーの請求書」(全文)
ある日曜日の朝のことです。
食事のテーブルに着いた時、ブラッドレーは、お母さんの茶碗の横に1枚の紙を置きました。
間もなく皆は食事を始めましたが、お母さんはふとその紙に気づき、そっと開きました。
ブラッドレーは、その様子をじっと見つめていました。
お母さんは始め、不思議そうな顔をしていましたが、やがてもとの優しい顔に戻って読み始めました。
ブラッドレーの紙には、次のように書かれていました。

お母さんへの請求書
●使い賃       50円
●掃除代       50円
●留守番代     100円
お母さんの借り 合計200円

読み終わったお母さんは、ブラッドレーを見てにこっと笑いました。
ブラッドレーはお母さんの顔をじっと見つめました。
けれどもお母さんは何も言いませんでした。
昼の食事の時、ブラッドレーがテーブルにつくと、そこには100円玉が二枚置いてありました。

ブラッドレーはそれを見て、自分の考えの通りうまくいったことですっかり嬉しくなって、思わずにっこりしました。
けれどもその200円と一緒に、小さな1枚の紙が置いてありました。
見るとそれはお母さんからの請求書でした。

ブラッドレーへの請求書
●親切に優しくしてあげた代   0円
●病気をした時の看病代     0円
●服や靴や帽子代        0円
●食事代や部屋代        0円
ブラッドレーの借り     合計0円 

これを読んで、ブラッドレーははっとしました。
そしてお母さんのそばに駆け寄って手を取り、200円を出しながら
「お母さん、この200円は取っておいて。」と言いました。

先生はこの短いお話を、何枚かに分けて子ども達に配り
読みながらブラッドレーの気持ち、請求書の内容やそれに込めた思いを
その都度、子ども達に想像させます

見ている親の方もいつの間にかすっかり授業に引き込まれ
さて、どうしようか?と本気で頭を使います

家族(子)への無償の名もなき行為の連続が意味することに
果たして4年生は気づくことができるのか???

充分に感じ取っていました!

ブラッドレーになりきって気持ちを語る子どもたちの
純粋で愛情に満ちた、親に向ける確かな眼差しは
親の子への愛情に勝るとも劣らないものであることや

経済優先の金銭優位に慣れてしまったように見える子供達でも実は
目には見えない、お金には変えられない本当に大切なものをちゃんと知っているということに
不覚にも涙が出そうな授業となりました

学校でのCHIちゃんは
聞いている通り、それはそれは生き生きした姿で
はにかみながらも何度も挙手をし発表して
どんなことも知りたい!という意欲に溢れていました

f0354827_19395420.jpg
↑黒板消し係のCHIちゃん(むせています)

この感動を一人で喜んでいるなんて勿体ない!と
早速、連絡帳に先生への感謝の気持ちをお伝えすることにしました
f0354827_19395595.jpg

それにしても、CHIちゃん
いい先生につけて本当に幸せだと思います。
こんな授業、私だって受けてみたい‼
子どもが喜ぶ授業は
大人が聞いても楽しいものなのですね♪

毎日楽しげに帰宅するCHIちゃんに
「まるでバラ色のような生活ね~」というと
「お母さん、こういうのはバラ色って言わないの
 虹色っていうのよ
 七色に光っているのよ」と答えるCHIちゃん

充実した1年になりそうで楽しみです
f0354827_19395632.jpg






[PR]
by akosukechico5483 | 2017-06-03 19:35 | CHI&CO育ち | Comments(0)